COLUMN

家計をシンプルにするためのCOLUMNです。

  1. HOME
  2. シンプル家計術コラム
  3. 想定外の年金制度☆

想定外の年金制度☆

人生を楽しむお金のつかい方をお伝えしている、お金のアッコちゃんことモナカアキコ(茂中 瑛子)です☆
 
関西ローカル女優・二人のムスメのママもやってますニコニコ
  
 
* * *
 
昨日のNHKニュースより。
「時代に合わない国民年金」
の特集を観ました。
 
 
概要をざっくりいいますと
 
 
昭和30年代の年金制度
はじまったときは、
国民年金は下記のような
人向けと想定されていました。
 
 
農家なら土地、小売業なら店舗という資産があって
年を取れば、子どもたちが後を継いでくれるなど、支えてくれる家族がいて
④サラリーマンではないので定年なし長く働ける
 
 
 
なので国民年金って低い金額に抑えられている。
国は、国民年金は
『生活のすべてを賄うものではない』
としているそうでキョロキョロ
 
 
 
それが現代は
 
個人事業主やフリーランスが増え
核家族単身の人も増え
高齢化がどんどんすすむ
 
 
こういった時代の変化で
当初の想定が崩れてしまった。
 
 
フリーランスだと
厚生年金はもらえず
国民年金のみ。
 
 
何人か取材されていらしたけれど
 
 
おひとりさま老後の方で
月5万6000円。
 
→暮らして行けず生活保護
受けている方
 
 
 
長年理容店を営んでおられ、
国民年金を30年払ったけれど
月11万円。
 
→足りなくて貯金を切り崩し。
八十歳を過ぎても
働かなければならないご夫婦も。
 

 



「若い時は、年とったらゆっくり本を読んで、そして私は好きな絵を描いて、たまには旅行に行きたいなっていうそういうことしか。夢をね、描いていましたけど、その夢も全く叶わない。」

理容店店主 

「(貯金を切り崩す生活は)あと2、3年続けられるか分かりませんね。

国民年金って何だったのかと思いますよね。」
(※NHKのHPより抜粋)

 
 
老後、ゆっくりすることも
許されないなんて
めちゃくちゃ酷ですよねショボーン
 
 
 
じゃあ、どうするか?
議論されてるのは
 

※NHKのHPより画像お借りしました
 
 
①国民年金の金額を引き上げるかどうか。
②厚生年金に入れる人を増やすかどうか
 
 
 
国民年金額を一人一万円増やすとなると
三兆円の財源が必要なので
また国民に負担を強いることになる
 
 
 
外国ではフリーランスでも
厚生年金を受け取れるように
していたりするらしい。
 
 
さて、日本はどうなる?!
 
 
 
いまのうちに自衛しとかないと
老後って
ほんとヤバイですえーん
 
 
 
【家計をシンプルに整える講座】では
ご自身に必要な老後資金
自分で計算して把握できます。
 
 
そして対策の立て方もお伝えします。
 
 
今からでも遅くない!
一日でもはやく知ることが大切ですよ
 
 
家計をシンプルに整えるコツを配信中

クローバー【お金のアッコちゃんのシンプル家計術公式LINE@】クローバー

友だち追加

 
※検索画面で「@lin4243u」で検索いただいても、登録できます。
 
 
 
 ♥庶民派FP女優アッコちゃんのお金の使い方、考え方は?大好評配信中♥
星【メルマガ☆ シンプル家計術・メール講座】星

 

 

 

関連シンプル家計術コラム